レーザー照射について

レーザー照射について
医療レーザーで人気が高いアリシアクリニックは、医療レーザー脱毛を、皮膚、毛髪にふくまれるメラニン色素に対しレーザー照射して毛髪を再生させる組織を壊す方法と定義しています。
簡単に言えば、毛根部分にやけどを負わせ発毛抑制してますが、レーザーの光は黒いメラニンにのみに反応し、周囲の皮膚にダメージがありません。
一般のサロンで使われる光脱毛に比べ原理は一緒ですが、光の波長やパワーによって脱毛効果は異なります。
そしてレーザーの光は量は単一で、熱を集中的に集め、毛根に効率よくメージをあたえられる一方、光脱毛の特徴は、照射が拡散してしまいがちで、出力パワーも医療のほうが圧倒的に強いです。
効果が高いレーザー脱毛は照射パワーが強いことに比例し、光脱毛と比較しても皮膚トラブルのシルクが高いです。
レーザー照射による軽度のやけどとなって赤みなど発生することがあります。施術前後しっかり保湿ケアをしてみれば、症状が出るのを抑えたり軽減することが可能です。
そしてレーザー取捨で毛穴バリア機能が弱くなって、ニキビみたいなできものができたりします。
一時的症状で、通常1〜2週間で治癒するものです。
そしてレーザー照射で毛穴周囲の皮膚が炎症が起きて多少違和感が出ることがありますが、長くて2、3日で改善します。
また照射による欠け度の危険性があり、日焼けはやけどのリスクを高くしてしまいます。